トップ / 保険が使えるインプラント

インプラントでの保険の適用の事

体に埋め込む金属のことをインプラントといいます。失った歯のところに、専用の金属を埋め込み、その上から人工の歯をつける処置を行ないます。これは、手術が必要になる治療で、しかも保険適用がされないために大変高額治療となるのですが、平成24年度より、保険適用になる条件があることをご存知でしたか。その条件とは、最低限噛んで食べれるようにするという所までは適用内となります。外見を綺麗に見せたいという、審美目的の治療であれば、適用外です。簡単にいうと、インプラントは見た目がきれいです。ですが、他にも見た目は悪いけど噛んで食べれるようにする治療方法はあります。ただ、例外として見た目等の審美目的ではなく、あくまでも医療行為としてみなされる範囲での治療なら、保険が適用される場合があるということです。

歯科インプラント治療の保険適用

一部の歯科用インプラント治療が、保険適用されることになりました。平成24年4月からと、まだ、最近のことです。といっても、この高額治療が気軽に受けられるようになったというわけではありません。厳しい条件があるのです。まず、保険適用になるのは「病院」という施設に限定されます。病院とは、ベッド数20床以上の入院施設がある医療機関です。つまり、近所の歯科医院やデンタルクリニックではなく大学病院などの口腔外科ということになります。しかも、症例にも制限があります。「腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等により、広範囲の顎骨欠損または歯槽骨欠損症例」のみ、適用になります。要するに、深刻な病気や大事故やけがによる欠損が見られないとインプラント治療は保険の適用外になるということです。

© Copyright 費用のかかるインプラント. All rights reserved.